医師のご紹介

現在、医療技術の進歩、専門性に伴い、何が正しくて本当に良いことなのかを判断することが難しい状況にあると考えます。

当院は漢方治療を中心とした内科のクリニックです。
患者さんのお話をじっくりお聞きしながら、何がその人によって良いことなのかを判断しています。初診の方はなるべく時間を割くため、再診の方の倍の時間を予約で取っています。

開業当初に比べると患者さんも増えておりますので、時間を有効に使う為に完全予約とさせて頂き、1日の診察数も最大人数を決めております。余裕を持って診察しないと話をちゃんと聞けないと考えるからです。

少し話がずれましたが、基本的には漢方薬を治療の根幹に置いておりますが、必要な時には迷わず新薬(一般的な西洋医学の薬)も使います。

漢方薬はエキス剤(顆粒状、粉状)の物と煎じ薬(生薬を水で煎じて抽出した液を服用する)を重症度よって使い分けております。

標榜はあえて内科だけにしておりますが、受診される患者さんは色々な方が来られます。

例えば、更年期症候群、月経困難症、不妊症などの産婦人科領域の患者さん、アトピー性皮膚炎、主婦湿疹、にきびなどの皮膚科の患者さん、気管支喘息、花粉症、蕁麻疹などのアレルギー科の患者さん、不眠症・神経症・うつ病などの神経・精神科の患者さん、胃腸の調子が悪い消化器科の患者さん、関節痛を訴える変形性関節症や関節リュウマチ・膠原病の患者さんなど非常に多彩です。

不定愁訴(体がだるい・食欲がない・気持ち悪い・冷えるなど)の患者さんも多いです。

小さなクリニックで丁寧に一般家庭医として赤ひげを目指して職人のような仕事に励んでいます。

取り留めのないご挨拶になりましたが、これで失礼いたします。

 

自然堂井上クリニック院長 井上 啓史

院長略歴

院長 井上 啓史(いのうえ ひろし)

平成8年 和歌山県立医科大学卒業

平成13年 和歌山県立医科大学にて医学博士号取得

摂津ひかり病院、大石東洋クリニック、豊中平成病院勤務

平成17年2月 自然堂井上クリニックを大阪市天王寺区に開院

平成18年11月 クリニックを現在の大阪市京橋に移転

日本内科学会会員 日本東洋医学会会員

自然堂井上クリニック

〒534-0024 大阪市都島区東野田町2-9-10 河合京橋ビル4F 電話:06-6358-0611

診療受付時間
日・祝
09:30-13:00
15:30-19:00

休診日:土曜日の午後、日曜日・祝日・第3金曜日